普代村

担当者:竹下 真人
  • PRメッセージ:普代村は岩手県沿岸北部の北三陸にある人口2,600人ほどの岩手県でも一番人口が少ない村です。産業は、三陸の豊かな自然の恵みがもたらす「水産業」が基幹産業となり、「秋鮭定置網漁」、「養殖ワカメ」、「養殖コンブ漁」が盛んで、特に太平洋の外洋で養殖される普代のコンブは肉厚でやわらかく、加工した「すき昆布」は村の特産品となっています。
     農林業においては、冷涼なヤマセを活かした「ほうれんそう」や品質の良い「しいたけ」の栽培が盛んです。大自然のおいしく新鮮な食べ物であふれています。
     村には都会では当たり前の便利さや整備されていないことが多く不便を感じることはあると思いますが逆に都会では当たり前ではないこともいっぱいあり新鮮だと思います。人口が少ないこともあってか、みんな人に対して優しく協力的で助け合い精神です。感謝と恩返しであふれています。(一部やられたらやり返す人もいます。)シャイなため最初はみんな緊張しています。(人と人とのつながりが密接で距離感が近いため苦手な人には大変かもしれません。)子育てにも優しい村で育児祝金など子育て制度があります。
     メリットでもありデメリットでもある部分かもしれませんが人が少ないこともあり、地区の行事など一人あたりがやることが多くそういった活動を好きな人にはもっていこいです。私も地区の消防団や、秋にある普代祭りの準備・運行、地区の役員などいろいろな経験をさせていただいております^^一緒にやりましょう^^
  • 問い合わせ先:fuka-m@vill.fudai.iwate.jp
  • 紹介動画: