\ 岩手県内全33市町村が大集合! /

【移住の総合相談】

担当者コメント

開催スケジュール

岩手県は、宮沢賢治が「イーハトーブ」と名付け、理想郷として愛したふるさと。新たな可能性を試したい人にも、田舎暮らしを楽しみたい人にも、自分らしく暮らせる環境が整っています。多少は不便なこともありますが、最近は、就職先や住まいの選択肢も広がり、様々な支援制度も充実。都会での経験を活かして起業したり、自然の中でのびのび子育てをしたり。それぞれが思い描く新しい人生を、岩手ではじめてみませんか。 個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

盛岡市

担当者コメント

開催スケジュール

都会の生活から離れたいけれど、 いきなり田舎に住むのはハードルが高いと思うことはありませんか?盛岡市は人口30万人の県庁所在地です。鮭が遡上する美しい川や古い街並み。街なかでも楽しめる朝市や産直に並ぶ新鮮な食材。バスや車でふらっと遊びに行ける郊外の豊かな自然。仕事とプライベートのバランスを重視したい方や、文化的で落ち着いたライフスタイルを楽しみたい方におすすめです。個別相談でお待ちしております。 個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

宮古市

担当者コメント

開催スケジュール

宮古市は、「森・川・海」が揃った、海の幸も山の幸も美味しい本州最東端の街。夏涼しく冬は雪が少ない、一年中過ごしやい土地です。移住者もたくさん。新しい働き方をする人も増えてます! 個別相談は随時受付中! 個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

大船渡市

担当者コメント

開催スケジュール

海も山も、里もある!自然豊かな大船渡市。田舎の不便を楽しみながら、たくさんの方が大船渡へ溶け込んでいます♪そして必ず「人に惹かれた」から移住を決めたと言ってくださいます!これからずっと暮らす場所だから温かい人が暮らす大船渡へ!ぜひお越しください!渓流釣りや海釣り、トレッキングやBMX!ダイビング!旬な海の幸★山の幸★数えきれない楽しみがあなたを待っています!お気軽にご相談くださいね! 個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

花巻市

担当者コメント

開催スケジュール

岩手県のほぼ中央に位置し、空港や新幹線など全国各地と容易につながれる交通の要所となっています。 沿岸方面へも車で1時間程度、県庁所在地の盛岡市へも電車や車でスムーズに行けるるなど、広い岩手県内を移動するにも、大変便利な立地が自慢です。市街地からほんの少し離れただけで、田園の広がる気持ちの良い自然や多彩な温泉を味わうことができます。花巻・大迫・石鳥谷・東和の4地域ごとに、景観や雰囲気も異なり、ご自身が目指す心豊かな暮らしにぴったりの地域がきっと見つかるはずです。
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

北上市

担当者コメント

開催スケジュール

岩手県内陸南部、北上盆地の中程の北上川と和賀川が合流する地点に位置し、農業と工業が盛んな北上市。仕事と生活の調和がとれた職住近接のまちづくりが魅力で、住むエリアやそれぞれの生活スタイルに合わせて、都会暮らしも田舎暮らしも味わうことが出来る、ほどよく都会でほどよく田舎な活気あふれる都市として注目を集めています。
 「家族との時間」「子育て」「田舎暮らし」「ワーク・ライフ・バランス」などを真剣に考えている方には、ピッタリのまちです。是非ご相談ください。
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

久慈市

担当者コメント

開催スケジュール

海もあり、山もあり、どちらも楽しめる久慈市です。
夏は比較的涼しく、海水浴やキャンプ、マリンスポーツを楽しめます。冬は沿岸地域は雪が少なめですが、山形町にはスキー場があります。春(3月頃)に水分の多い雪が降ります。
ジオパーク、琥珀の採掘、恐竜の化石の発掘など古代のロマンも溢れています。
美味しい郷土料理(まめぶ、豆腐田楽、軍配餅)もありますよ。
八戸市(中核市)まで車で1時間の距離です。
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

遠野市

担当者コメント

開催スケジュール

遠野で暮らしてみませんか?
四季折々の美しい自然や発刊110周年を迎える「遠野物語」に代表される歴史と文化を身近に感じられるまちです。移住定住に関するワンストップ相談窓口「で・くらす遠野」へお気軽にご相談ください。
◎で・くらす遠野市民制度会員募集中◎
コース(会費)に応じて選択特典をプレゼント。会員証(河童捕獲許可証)と年4回の広報誌をお届け。ご希望のかたには移住に関する情報を提供します。
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

一関市

担当者コメント

開催スケジュール

はじめまして。
★一関市では「移住ありき」ではなく「一関市を好きになって♥」という思いで対応しており「なんとなく」という方も大歓迎です!
★「いちのせきファンクラブ事業」など一関市を訪れる際の優遇措置を用意し、個別訪問にも対応しています!
★豊かな自然が織りなす大地と歴史・伝統が息づく一関市。
「もちの聖地」としても名高い市です。
★各種相談から現地訪問のコーディネートなどの実績多数!
 個別相談も常時、移住コーディネーターが承っています!
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

陸前高田市

担当者コメント

開催スケジュール

 陸前高田市は、自然豊かなまちですが、東日本大震災によって甚大な被害を受け、復旧・復興に向けた「ゼロからのまちづくり」が現在も行われています。
 これまでも、震災を契機に本市へ移住した若者たちが「ゼロからのまちづくり」に挑戦し、活躍しています。
 「ゼロからのまちづくり」は、言い換えれば「何でもチャレンジできるまち」です。
 チャレンジしやすい環境の陸前高田市で、ぜひ一緒に活躍しませんか。
 ※まずは、お話を聞きに来てください!
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

釜石市

担当者コメント

開催スケジュール

昔から「鉄と魚とラグビーのまち」ですが、
最近、さらに「ちょうどいい、何かと便利シティ」を名乗っています。
岩手でいちばん快適な気候、沿岸でいちばんの買い物環境、どこに行くにも便利な交通アクセス。道路が凍結した真冬でも、JR釜石線に乗れば盛岡へ楽々行けます。
自然と都市部、不便さと便利さがほどよく混在する「ちょうどいい、何かと便利シティ・釜石」で、あなたのTryをお待ちしております!
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

二戸市

担当者コメント

開催スケジュール

 まちの自慢は生産量日本一で文化財の修復などに使われる漆です。国産漆の需要が高まる中、漆の樹液を採る漆搔き職人や、漆器を製作する塗師(ぬし)として活躍する移住者が増えています。
 また、新幹線の停車駅があるので東京から最短2時間37分とアクセスが良く、テレビ会議やリモートワークなどの多様な働き方ができる施設もあります。
 市は引っ越し費用や家賃、リフォーム費用の補助などで移住する方を支援しています。二戸市で新しい暮らしをはじめてみませんか。
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

八幡平市

担当者コメント

開催スケジュール

八幡平市は、明峰岩手山や八幡平、安比高原など大自然に囲まれスキーやゴルフを楽しめるほか多数の温泉があり、四季を通じて感動を体験できるまちです。春の雪解け時に見られる「八幡平ドラゴンアイ」や「雪の回廊」でも有名です!
ぜひ八幡平市へご相談ください!個別相談は実際に首都圏から移住した移住コーディネーターが承ります!
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

奥州市

担当者コメント

開催スケジュール

東北6県のど真ん中にある奥州市。東京から最速2時間15分のアクセスの良さ。自然豊かで、大人も子供も1年中アウトドアが楽しめます。神楽・鹿踊りなどの郷土芸能や南部鉄器・岩谷堂箪笥などの伝統産業が受け継がれる、歴史息づくまちです。
昨年末東京から移住してきて私が思ったことは、「東北なのに雪が少ない!」「通勤ラッシュがない!」。そんな生活のしやすさや魅力をお伝えし、私の移住経験をもとにご相談承ります!
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

滝沢市

担当者コメント

開催スケジュール

滝沢市は、酪農・農業の基盤となる雄大な自然と、第3次産業を中心とした盛岡市(岩手県の県庁所在地)のベッドタウンとして発展してきた都市とが同居している人口約5万5千人のまちです。
今後は、滝沢市を“岩手県内一のIT産業集積地”とするべく、これに関わる人材を首都圏等から積極的に呼び込み、市の産業の発展を目指したいと考えております。
IT産業に興味がある方、適度な田舎暮らしをしてみたい方は、ぜひ滝沢市へ!
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

雫石町

担当者コメント

開催スケジュール

①ブランドメッセージ「虹の似合うまち雫石町」
 自然のキャンパスに描かれるのは
 ここでしか見ることのできない 雫石町だけに架かる虹。
 雫石町はそんな美しい虹がとても映えるまちです。
②「子育て応援宣言のまち」
 子育て世代に対する支援がとにかくあつい!
③「都市部からのアクセスが抜群」
 秋田新幹線で乗り換えなしで東京から約2時間30分!
④「小岩井農場」と歴史ある「温泉」があるまち!

自然の中でゆったりとした時間を過ごしたい方は、「しずくいし」へ!
個別の相談は常時、移住コーディネーターが承ります!
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

葛巻町

担当者コメント

開催スケジュール

 葛巻町は、美しい高原が広がる酪農のまち。おいしい牛乳や乳製品、山ぶどうワイン、そして風力・太陽光・バイオマス発電等の自然エネルギーによるまちづくりが特徴です。また、人口増加につながる若者世代を呼び込むために、定住促進住宅の整備など、様々な支援を行っています。移住相談で訪れる際には、交通費や宿泊費の補助制度があるのでご利用ください。葛巻町に少しでも興味のある方は、お気軽にご相談ください! 個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

岩手町

担当者コメント

開催スケジュール

岩手町は、ウインタースポーツが盛んな隣町と車で10~30分、いわて沼宮内駅には東北新幹線が停車するため、東京間だけではなく北海道間へも2時間弱で往来できるアクセスがしやすい町です。
国道沿いに位置する道の駅には、新鮮な野菜が数多く並んだ産直や2020年9月1日にリニューアルしたばかりの屋外展示場のある町立の美術館が併設されています。
そんな岩手町で、自分が得意なことを活かしてなにかしたいとお考えの方は、ぜひ岩手町で実践してみませんか?ご相談お待ちしております!!
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

紫波町

担当者コメント

開催スケジュール

紫波町は、転出者数よりも転入者数が上回っている岩手県内で数少ない町です。宅地開発が進行しており、特に子育て世代のご家族に選ばれています。盛岡市、花巻市及び北上市などの県内主要都市に電車で20 ~30 分で通えるベッドタウン。食材が豊富で買い物も便利な紫波町へ是非一度、お越しください!! 個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

矢巾町

担当者コメント

開催スケジュール

盛岡市に隣接する矢巾町は、県立不来方高校、岩手医科大学等があり、小学校から大学まで揃う学園都市となっています。音楽を中心に芸術文化を大切にし、福祉や健康づくりにも力を入れています。昨年9月には岩手医科大学附属病院が盛岡市から移転し、新たな市街地開発も進んでいます。自然と都市が融和し、様々なライフスタイルが築ける矢巾町で、新たな暮らしを探してみませんか?個別相談はいつでも、移住コーディネーターがお受けいたします!
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

西和賀町

担当者コメント

開催スケジュール

 西和賀町は、岩手県内でも一番の豪雪地帯として知られています。冬の活動を妨げる雪ですが、これは西和賀の大きな財産です。たくさんの雪が豊富な水を生み、そのおかげで美味しい食材が育ちます。
 町土の約80%を山林が占める自然豊かな町で、西和賀の自然が織り成す「どこにもない四季」は訪れた人を虜にする魔力があります。是非一度来てみてはいかがでしょうか。
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

金ケ崎町

担当者コメント

開催スケジュール

金ケ崎町は県内陸南部にある人口15,580人程のまちです。
農業は「ひとめぼれ」のほか、アスパラガスの生産や広大な牧草地を活用した酪農が営まれており、生乳を使った6次産業化の取組みにも力を入れています。
工業団地は県内最大規模で、医薬品や自動車関連企業などの製造業を中心に就業の場があります。
インターネットはほぼ全域で接続可能であり、テレワークにも対応できます。
キャンプや様々なスポーツを楽しめる公園の他、武家屋敷が立ち並ぶ伝統的建造物群保存地区など趣のある町並みに出会うことができます。
子育て環境も充実しており、幼児期からの一貫した英語教育や医療費助成等、魅力が詰まったまちです。
様々な補助金も準備しており、皆様の移住計画の後押しになればと思っております。
豊かな自然とおおらかさ、生活に困らない利便性があるこのまちでの暮らしを実現するお手伝いを致しますので、どうぞお気軽にご相談ください。
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

平泉町

担当者コメント

開催スケジュール

平泉町は世界遺産である中尊寺、毛越寺などがある観光地です。
身近に史跡や文化財があり、歴史が感じられるところが魅力です。
人口は約7,400人の小さなまちで、町民が一体となってお祭りや地域行事に参加するなど、コミュニティのつながりが深いところも特徴です。
歴史好きの方、町民交流をしてみたい方、あなたの声が届くまち〝平泉”で、あなたらしい暮らしを見つけてみませんか?
個別の相談もお待ちしております。
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

住田町

担当者コメント

開催スケジュール

住田町は、車で1時間程度で沿岸部にも内陸部にもアクセスできる場所にあります。
種山ヶ原や気仙川、滝観洞など自然が作り出した様々な町の表情を見ることができます。また、県内では比較的雪も少なく、冬でも過ごしやすいです。
ぜひ一度、住田町を体験してみてください。
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

大槌町

担当者コメント

開催スケジュール

 大槌町は、岩手県沿岸部のほぼ中央に位置し、室町時代に築造された大槌城跡や、江戸時代の豪商である前川善兵衛(吉里吉里善兵衛)の墓が残るなど、歴史あふれる町です。
 夏はやませの影響で涼しく、冬は朝晩の冷え込みはありますが、比較的に温暖で雪の少ない暮らしやすい気候です。山・川・海の豊かな自然に囲まれ、ワカメ、ウニ、サケ、アワビ、マツタケ、山菜など季節ごとに多彩な食材が楽しめるほか、マタギが狩るクマやシカなど、都会では口にすることが少ないジビエも味わうことができます。サーフィンやSUP、釣り、ヒルクライムなど、自然を満喫できるアクティビティやイベントもおすすめ。
 町民の特徴としては、漁師町で、気象はちょっと荒いですが、怒っている訳ではありません。訛っている(方言で話している)だけです。また、昔から引き継がれる、虎舞・神楽・鹿子踊りなどの郷土芸能を愛し、祭りに熱い人々が多いのが特徴です。
 歴史と自然に囲まれた「三陸おおつち」で、新たな生活を始めてみませんか?
 移住者向けの支援(家賃、就業、奨学金、空き家リフォームの補助等)制度をもありますので、是非、ご活用ください!
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

山田町

担当者コメント

開催スケジュール

 山田町は岩手県沿岸部・三陸沿岸のちょうど真ん中に位置する人口15,000人ほどの港町です。
 暖冬涼夏の過ごしやすい気候で、リアス式海岸の地形を生かした漁業と観光を主要な産業としています。
 また、まるで鏡のように美しく穏やかな山田湾は「海の十和田湖」とも呼ばれており、その湾内ではカキ、ホタテ、アワビなどが獲れ、季節ごとに豊かな海の味覚を味わうことができます。
 毎日、おいしい海の幸を食べれて、シーカヤックなどマリンスポーツを堪能したい方は、ぜひ山田町へ!!
 お仕事・住まいの情報、受ける支援、そのほかあらゆるご質問など、個別の相談は専用LINEやZoomを利用して、移住とまちのことを熟知した移住コーディネーターが親切に対応しますm(__)m
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

岩泉町

担当者コメント

開催スケジュール

短角牛、安家地大根、畑わさび、まつたけ、ウニ、アワビ、岩泉ヨーグルト。岩泉町の9割を占める広大な山々。そこから湧き出る清らかな水。それが流れ着く豊かな海。私たちはその自然の恵みを受け、暮らしています。もちろん自然は時に厳しい面も見せます。そんな時、人々は支え合い、みんなで乗り越えます。そんな暮らしに興味のある方、気軽に声を掛けてください。移住コーディネーターがお相手させていただきます。 個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

田野畑村

担当者コメント

開催スケジュール

 田野畑村は岩手県の沿岸北部に位置する、漁業・農業・酪農が盛んで山海の自然豊かな人口約3,200人の村です。
 観光地としても三陸海岸を代表する北山崎や鵜の巣断崖などの景勝地を有しています。村では、北山崎サッパ船アドベンチャーズや塩づくりなど体験型観光プログラムをご用意して皆様のお越しをお待ちしております。
 まずは一度、田野畑村にお越しのうえ、村の魅力に触れてみませんか。
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

普代村

担当者コメント

開催スケジュール

普代村は岩手県沿岸北部の北三陸にある人口2,600人ほどの岩手県でも一番人口が少ない村です。産業は、三陸の豊かな自然の恵みがもたらす「水産業」が基幹産業となり、「秋鮭定置網漁」、「養殖ワカメ」、「養殖コンブ漁」が盛んで、特に太平洋の外洋で養殖される普代のコンブは肉厚でやわらかく、加工した「すき昆布」は村の特産品となっています。
 農林業においては、冷涼なヤマセを活かした「ほうれんそう」や品質の良い「しいたけ」の栽培が盛んです。大自然のおいしく新鮮な食べ物であふれています。
 村には都会では当たり前の便利さや整備されていないことが多く不便を感じることはあると思いますが逆に都会では当たり前ではないこともいっぱいあり新鮮だと思います。人口が少ないこともあってか、みんな人に対して優しく協力的で助け合い精神です。感謝と恩返しであふれています。(一部やられたらやり返す人もいます。)シャイなため最初はみんな緊張しています。(人と人とのつながりが密接で距離感が近いため苦手な人には大変かもしれません。)子育てにも優しい村で育児祝金など子育て制度があります。
 メリットでもありデメリットでもある部分かもしれませんが人が少ないこともあり、地区の行事など一人あたりがやることが多くそういった活動を好きな人にはもっていこいです。私も地区の消防団や、秋にある普代祭りの準備・運行、地区の役員などいろいろな経験をさせていただいております^^一緒にやりましょう^^
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

軽米町

担当者コメント

開催スケジュール

 軽米町は、恵まれた自然を生かした農業の振興や再生可能エネルギーの推進とともに、子育て支援日本一を目指し取り組んでいます。また、漫画「少年ジャンプ」で掲載されていたスポーツマンガ「ハイキュー‼」の物語に描かれた背景が軽米町のものと似ていると噂になり「聖地」として静かなブームとなっています。素朴で暮らしやすい便利な田舎。興味を持っていただいた方、ぜひ軽米町へ。相談も随時受け付けています! 個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

野田村

担当者コメント

開催スケジュール

野田村は、岩手県県北沿岸に位置する小さな海と山の村です。昔から製塩が盛んで、作られた塩は‟のだ塩”として内陸部に運ばれていました。この運路は「のだ塩ベコの道」と呼ばれ、現在では散策するイベントやトレイルランニングのコースになるなど活用されています。
現在でも作られているのだ塩は、昔ながらの薪釜直煮製法で作られ、粒が大きいながらもまろやかな味が特徴で、強すぎない塩気から日本一お肉に合う塩として評価されたこともあります。
のだ塩以外にも、国のGI登録を受けた養殖ホタテ「岩手野田村荒海ホタテ」や村で育てた山ぶどうを使い、村内のワイナリーで醸造したワインなど、多くの特産品があり、生産者も元気いっぱいの村です。

子育てにも力を入れており、誕生から高校卒業までの医療費全額無料や、保育料の完全無料、出産祝い金や妊産婦検診補助など様々な支援制度があり、近隣の方々からも「子育てするなら野田村!」とうれしい評価をいただいております。

このように歴史あり、おいしい食材あり、子育てもしやすい、とても良い村ですが、移住する方の住む場所や職の情報発信が弱く、実際に野田村に住んでいただいて魅力発信や移住者の方々へのサポートなどをしていただく、コーディネーターを急募しています。(地域おこし協力隊として村が任用します)
興味のある方は、ぜひ一緒に住みやすい村野田村のPRをするために、働きましょう!地域おこし協力隊以外にも移住者大歓迎です!
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

九戸村

担当者コメント

開催スケジュール

ブロイラー生産量が岩手県No.1
子育てとセカンドライフに適した気候と各種制度の充実が自慢。
自然豊かで四季の移ろいがハッキリ! 田舎ぐらしに最適です!

特典① 結婚祝い金の給付(50,000円の商品券)
特典② 出産祝い金の給付(50,000円の商品券)
特典③ 医療費助成【無料】(0歳~18歳まで)
特典④ 医療費窓口負担なし【県内のみ】(0歳~15歳まで)
特典⑤ 住宅リフォーム助成(100,000円の商品券)
特典⑥ 新築住宅建設助成(100,000円の商品券)
特典⑦ 住宅用太陽光発電システム設置助成(150,000円の商品券)

高速道路のICがあり、交通アクセスが良好!
特典満載な「笑顔あふれるしあわせの郷」に住んでみませんか??
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

洋野町

担当者コメント

開催スケジュール

洋野町は、岩手県沿岸最北端に位置し、夏は涼しく冬は雪が少ない、住みやすい町です。
特産品は、ウニ・ほや・大野木工・木炭等があり、観光地はサーフィンの好ポイントがある海水浴場やキャンプ場、日本一星空が見やすい場所に選ばれたひろのまきば天文台があります!
自分らしく前向きに暮らしたい方は、ぜひ洋野町へ!個別の相談は常時、移住コーディネーターが承ります!
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら

一戸町

担当者コメント

開催スケジュール

一戸町(いちのへまち)は、岩手県の内陸北部に位置し、2021年の世界遺産登録を目指す「御所野縄文遺跡」を代表とする歴史や文化、豊かな自然を感じられる町です。また鉄道や高速道路が通っていて、アクセスも良好です。
将来移住してみたい!と考えている方、また興味のある方、私たち移住コーディネーターが対応します。住まいや仕事などの紹介、移住後の暮らしについて一緒に考えていきましょう。お気軽にご相談ください。
個別相談申し込みはこちら 参加申し込みはこちら